Mac OS X ハードウェアサーチでタグ「Apple」が付けられているもの

2008年8月4日

INSIGHT NOWが、iPhoneからの検索数が急増中を掲載しています。

 Googleの発表によると、米国ではiPhoneからの検索数が、他の携帯からの検索のなんと50倍にも達しているとのことです。WEBブラウザを搭載した端末はiPhoneの前にも多数出ていますが、やはりSafariの使い勝手がいいこととも関連があるのかもしれません。

パワーサポートがiPhoneの美しさも守る「AirジャケットセットforiPhone 3G」をまもなく販売開始します。

 ケースは付けたいが、iPhone 3Gのフォルムをそのままにしたいと考えているユーザーにオススメのケースです。背中側のみ薄いクリスタルケースで覆い、せっかくのiPhoneのデザインを崩しません。

2008年7月31日

iLoungeによると、次世代「iPod nano」はイメージチェンジしてスリムになるとのことです。

 ちょうどMicrosoftのZuneのように細長いデザインで、ちょうどiPhoneのように動画を見るときは90度傾けて見る。そんなデザインになるのではと予想しています。先に一部で報じたipod nanoはマルチカラーになるのは間違いではないかとも報じています。

日経トレンディネットが、ケータイと比較!「iPhone」できるコト、できないコト【中編】を掲載しています。

 結論としては、iPhoneを購入するのなら、今使っているメインの携帯電話と別に契約することをお勧めすると述べています。

読売新聞が、Mac OS Xが動くPC、次はOpen Techから販売かを掲載しています。

 MacクローンメーカーPsystarがAppleから訴えられたばかりですが、また新しく、Open TecというMac OS Xが動くパソコンを売る業者が現れました。同社の製品はOS Xをプレインストールも同梱もしておらず、利用者自身がOS Xを購入してインストールするという新しい方法をとっているようです。

 Mac OS Xをパソコンで動かすにはドライバなどをハッキングしたOS Xを使い、普通のMac OS Xはインストールできないのが今まででしたが、最近、インストールキットを外付けして、通常のMac OS Xインストールディスクでインストールできるようになったという噂がネット上にあります。

 どちらにせよ、Mac OS XはMac上で使いましょう。

AppleからiTunes 7.7.1が配布されました。ソフトウェアアップデートから。

Apple Insiderが、NVIDIA製のチップセットが新しいMacに採用されるのではと述べています。

 Appleの新しいMacのチップセットがIntel製でなくなるのではというのは先に当サイトも掲載したとおりですが、それがNVIDIA製になるのではと予想しています。

2008年7月30日

PC WATCHによると、ネットジャパンがMac OSからNTFSにフルアクセスできるドライバソフトを発売開始しました。

 Mac OS XからはNTFS(Windows)のハードディスクは読み込めても書き込めません。また、Mac OS X ソフトウェアサーチで紹介しているようなNTFSを読み書きできるようにするソフト(NTFS-3G+MACFUSE)もありますが、やや敷居が高い印象でした。製品ソフトとして、NTFSの読み書きできるようにするソフトが出てきたことには意味があるでしょう。

CNET Japanによると、mixi、iPhone向けアプリケーションを公開しました。

 様々なメジャーサイト、ソフトがiPhoneに対応する中、今度はMixiです。

Apple Insiderが、Appleの次世代Macは何か特別な秘密がを掲載しています。

 PowerPCからIntel Macに大規模な移行をしたとき以来の大きな変化として、AppleはチップセットをIntel製から変更するのではと報じています。CPUこそIntel製を継続するだろうが、先に発表のあったCentrino 2チップセットとは関連が薄くなりそうです。

2008年7月28日

MacRumors.comが、新しく出てくると推測されるMacBook Touchについての噂を掲載しています。

 OS XがiPhoneでタッチパネル技術として完成されたことを考慮すると、それをタブレットに応用してもおかしくはありません。そういったところから、新製品の可能性として、MacBook TouchやiTabletが挙げられています。実際に、申請されている特許においても、iPhoneではなくMac OS X向けのマルチタッチ技術があります。過去にSafari PadというコードネームのProjectもあったようです。真偽は9月-10月頃にはっきりしそうです。

 ASCII.jpが、iPhoneをスムーズにペン操作を掲載しています。

 基本的には指で十分タッチできるiPhoneですが、従来通りペンで操作したい人もいるでしょう。ペン先に超軽量導電スポンジを採用し疲れにくくなったとのことです。

2008年7月27日

マイコミジャーナルが、「脱獄」を敢行、OS X iPhone 2.0の世界を探るを掲載しています。

 WEBマガジンでは初のJAILBREAK(脱獄)をしたiPhoneについて掲載しています。OS X iPhone 2.0では、/System/Library/Frameworksディレクトリの位置に、Mac OS Xにはない「CoreLocation.framework」が置かれているとのことです。

ASCII.jpが、iPhone 3Gをウイルスから守れを掲載しています。

 iPhoneの基板もMacと同じ OS X。そういう意味ではウィルス対策も必要なのかもしれません。VirusBarrier X5が、接続したiPhoneのウィルスチェックにも対応したとのことです。

2008年7月26日

GearLiveによると、AppleはiPhone 2.1ファームウェアのテストを開始した模様です。

 Core Locationという機能がアップデートされ、動いている方向や速度をOS XのCoreレベルでサポートするようです。GPS機能の充実が図られるのでしょうか。また、バッググラウンドでiPhoneに通知する「push notification service」も実装されるようです。

IT MEDIAが、お勧めできないAppleのMobileMeを掲載しています。

 不具合のあったMobie Meですが、現時点ではオススメできないとのことです。MobielMeの発想は素晴らしいが、現状ではあまりにも不具合が多いとまとめられています。

ASCII.jpが、iPhoneの説明書(中編)を掲載しています。

 Googleマップやカメラの説明を詳しく記載しています。

2008年7月23日

MacRumors.comが、Appleが新しい製品発表をまもなくするのではと報じています。

IT MEDIAが、Appleの謎の新製品は何か?を掲載しています。

 昨日の決算財務報告において、「製品移行にて次の四半期の利益は減じる可能性がある」との発言がありました。当サイトでも繰り返し報じているCentrino2 世代の新しいMacBookやMacBook Proの新モデル発表でしょうか。それとも、タブレット版Macなどの新しいジャンルの製品発表でしょうか。

 すでに各サイトが、この発言を巡って推測を開始しています。当サイトは、Centrino2 世代の新しいMacBookシリーズと考えています。各情報をあわせると、おそらく、9月くらいまでには正体が明らかになりそうです。

ASCII.jpが、iPhoneの説明書を掲載しています。

 iPhone 3Gの使用レビューは出尽くし、細かな機能を一つ一つ解説するiPhoneの説明書が公開されています。iPhone購入を考えている人、細かな操作を知りたい人におすすめです。

 Mac OS XにもOS X iPhoneにもいえることですが、Mac OS Xには細かくて気づかないが気づくと便利な機能が多数隠されています。GUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)を追求するApple社ならではといえます。

2008年7月22日 午後

Appleが、2008年度第3四半期の業績を発表しました。

 2008年度第3四半期の業績は、総売上 74億6000万ドル、利益10億7000万ドルと報告しています。粗利益は、34.8%と前年度同期の36.9%から減ってはいますが、総売上は上昇しています。

 何よりも注目すべきは、前年度同期より41%多い249万6000台のMac、12%多い1101万1000台のiPod、71万7000台のiPhoneを販売した点です。携帯音楽プレーヤーiPodやパソコンMacの出荷が大きく伸び増益に貢献したと言えるでしょう。

Apple Financial Results

IT MEDIAが、iPhone入荷待ち続く。活性化?一過性?を掲載しています。 

iPhone向けGoogle.comがアップデートされました。

 改訂したiPhone向けのGoogle.comでは、読み込み時間が従来の2分の1に高速化したとのことです。

PC WATCHが、不満を抱えながらもiPhoneから離れられない理由を掲載しています。

 その注目の高さから、賞賛と不満の相次ぐiPhoneですが、そんな状況を反映して、大きな不満を抱えながらもiPhoneから離れられそうにないと述べています。

iPhoneに最適化されたWEBサイトを案内するポータルサイトが登場しました。

 必ずくると思いましたが、やはり、iPhoneに最適化されたWEBサイトを案内するポータルサイト「左2列」というのが発表されました。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ